にこにこ◎^∇^◎日記@いわき市出身♪

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://fukushima.areablog.jp/nikonikomikann

2【EMその他の使い方色々】

[moblog]
2【EMその他の使い方色々】
2【EMその他の使い方色々】
1【EMを使った汚染対策 色々】のつづきです


つづき
===【EMその他の使い方色々】==
>
> ◆原発事故で出続けている高濃度汚染水への対策も、EMで可能。光合成細菌強化したEM活性液(EM1+EM3で)を投入し、汚染水内で培養すること。
光合成菌は放射性物質と結合し沈殿する性質があるため、上澄み液はかなり除染される。
2週間程度で連続培養が可能になるはず。
タンクの容量次第では1日千トンくらいの処理も可能。
最終的には光合成細菌を強化したEMをゼオライトに吸着させ、数回の乾燥を繰り返し高濃度のEM濾過材を作り、それで上澄み液を濾過すれば万全。
また、それらの濾過後の水を海へ放出すれば、EMが海中の放射性物質をキャッチするため、海も浄化が期待される。
>
> ◆発電所内の高濃度汚染土壌も、光合成細菌を強化したEM活性液散布+米ヌカ(EMの餌)繰り返し散布で放射線量を減少させ、また風で粉塵になったり大雨で流れ出す事も防止できるので、除染作業で吸い込んだり二次被曝する被害も防止できる。
>
> ◆原子炉建屋の除染は、光合成細菌強化のEM活性液を200-500倍に薄め、高圧洗浄機で建屋の全てを洗浄する。EMは抗酸化作用と同時に非イオン化作用も強いため、電気的に付着している汚染も除去できる。高濃度の建屋内にも繰り返し、同じ要領で散布すれば除染は比較的短期間で可能。
>
> ◆廃炉にする場合に石棺化作業に使うコンクリートの耐用年数は約20-25年(チェルノブイリの場合)で、その大量のコンクリート自体も高濃度で汚染されているため、除去コストは計り知れない。しかし、EMのコンクリ強化材を使えば強度が増し、しかも耐用年数が10倍以上になるため、コンクリの劣化が起こらず数百年という長い時間で、廃炉を確実に管理する事が可能となる。仮に放射線が強く、コンクリの劣化が起こった場合でも定期的にEMを散布することで防止できるので、最初からEM散布用スプリンクラーを設置すればOK。
>
> ◆EMコンクリを高度に使い、様々な機材をEM仕様にするなら、使用済み核燃料の有効利用すら可能。(当日はここまでの5項目については1項目目にサラッと言及した程度でしたが教授の本から要旨抜粋。)
>
> ◆しかし、何度も東電に技術提供を申し出たがまったく信じてもらえない。(そうだろうな^^;)
>
>
> ◆ゴミの焼却に関しても、焼く前にEMを散布してから焼くと、放射性物質が全く出ないという実験結果が得られた。ダイオキシンについても散布してから焼く。(←ちょっとこの話についてはウロ覚えですが…瓦礫焼却問題もそれでいけるんでないか?と思う私…)
>
> ◆大洪水で大きな被害のあったタイでは、「国家プロジェクトとして」EMの活用が大きく進められている。政府と軍がEMを大量培養し、市民と一緒にEMダンゴを作って、大量投入し、悪臭対策や水質改善に、EMが使われている。
> また、衛生対策としても軍事施設でEMの供給を行い、昨年12月までに洪水対策に使われたEM活性液は1208.8トン。各施設に設置した培養タンクは、洪水後もEMで活用されている。
>
> ◆EMを使って野菜を育てていると「限界突破」という現象が見られる。種が本来持っている素質や投入されるエネルギーの無駄を無くすことにより、一般に言われる収量よりはるかに多く収穫される「限界突破」を引き起こす。要は作物がエネルギーに満ちあふれている状態。
>
> ↑教授とEM大根
>
> ◆EMが近年とても注目されたのは、宮崎での口蹄疫やトリインフルに対しての働きで、口蹄疫以前からEMを活用していた畜産農家においては、至近距離で全頭殺処分になった農家があったにもかかわらず、感染は見られなかった。また、殺処分した家畜の埋却処分で激しい悪臭の発生と二次汚染が問題になり、公的了解を得て、新富町を中心にEM活性液の散布を実施、実施後72時間たってから現場に再び行ってみると悪臭は完全に消え、噴火の如く吹き出ていたガスや血液の発生も止まり、マスクなしでの作業ができる状態になっていた。
> ◆口蹄疫対策は韓国でも実施。EMを使用していた農家では韓国の口蹄疫の嵐を免れている。
>
> 震災後に教授やEM関係者が、自らも被災したEM販売店なども含め、本当にたくさんの活動をパワフルに続けているのがすごいと思いました〜。いや〜こんなとこでショボンしていたら申し訳ないと思っちゃいました。私も自分の住んでいるところをもっと頑張ってみようと思います。


↑↑↑↑↑↑

ちょこさん
ご紹介ありがとうございました♪
読んでいて元気と励ましと勇気をいただきました
福島県に住む両親にもメールして教えたいなと思っています

本当にありがとうございました!!

ヽ(^○^)ノ

心からの愛をこめて


みんなぁ〜♪
大好きだよぉ〜♪


♪ヽ(´▽`)/漱漱漱漱漱


EMの使い方色々 除せん
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://fukushima.areablog.jp/blog/1000034468/p10629598c.html
お知らせ トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
笑いとユーモアと祈り
ガレキを活用し森の防波堤をつくる♪
署名しました
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
にこにこ◎^∇^◎みかん♪イメージ
にこにこ◎^∇^◎みかん♪
プロフィール公開中 プロフィール
ご訪問ありがとうございます。

福島県いわき市出身

嫁いで岐阜県民になった、にこにこ◎^∇^◎みかん♪です

⇒岐阜ブログhttp://gifu.areablog.jp/nikonikomikan77)

こどもたち大好き♪
学ぶの大好き♪
分かち合うこと大好き♪なにこにこ◎^▽^◎みかん♪

ドイツで学んできた
オイリュトミーや
シュタイナーの人智学

神戸のお笑いセラピスト、尾崎里美ねぇやん直伝のイメージトレーニング

今までの学びや経験を統合して生み出した
オリジナルインナーチャイルドワーク

など

こどもたち&かつてのこどもたちとご一緒に

学び、分かち合い、楽しんでいます♪


発展途上な私だからこそ、きっとお伝えできることがあります


2015年は「まずは自分から」の精神で
学びの実践&ワクワクの実験を楽しんで

その工夫や学びや実践を通して得た

良さや価値をどんどんお伝えしていきます♪

そんな
にこにこ◎^▽^◎みかん♪に共振共鳴される方
ぜひぜひ岐阜県に愛にいらしてくださいね♪

nikonikomikann☆gmail.com
いわきに帰省するときは両親との時間を優先しますが関心ある方はご連絡ください

岐阜県にも、観光がてら保養がてら、にこにこ◎^▽^◎みかん♪に愛にきてください♪

全てのご縁に心からの感謝をこめて

ありがとうございます。
今、ここ、にこにこ

にこにこ◎^▽^◎みかん♪でした


前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 22 314698
コメント 0 9
お気に入り 0 1

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク